大橋さおりのかけ歩き

日本共産党福島県議会議員・大橋さおりのブログです

9月県議会が閉会-県は、県民の命と暮らしを守る姿勢を示すべき

 9月議会が閉会しました。議会開会前日(9月17日)に県内初のコロナ感染者が死亡、その後も感染拡大・死者の増加など事態はますます深刻です。

 県は、かかりつけ医でのPCR検査の実施や、陽性者の隔離を継続すること等を示しましたが、依然として検査対象は「濃厚接触者」など限定的です。防疫の観点から面的なPCR検査実施を繰り返し求めました。

 最終日は、意見書や請願などへの態度表明と討論があります。今回は、宮川県議が討論に登壇しました。

 消費税5%減税については、コロナ起因の解雇が急速に広がっている実態から、消費税減税こそが中小業者支援・県民支援になると述べ、可決を求めました。

 コロナ起因の解雇について、昨日の厚労省の発表では、解雇・雇止めが見込みも含めて(2日時点で)6万3、347人となり、福島県は1137人と発表されています。支援は喫緊の課題です。

 地方自治体のデジタル化については、住民サービスの向上のために活用することが必要ですが、国が進めようとしているマイナンバーとの連結で、国や警察が国民の個人情報を一元管理するようなやり方はすべきではないとの理由から否決すべきと述べました。

 高校統廃合についても、地元の要望にも応えず結論ありきで進める県教委のやり方を批判し、コロナ禍を受け少人数学級の実現が高校でも求められていることから、統廃合計画は再検討すべきと求めました。

f:id:oohashisaori:20201007175349j:plain

f:id:oohashisaori:20201007175411j:plain

消費税減税や高校統廃合中止を求めたのは共産党だけでした