大橋さおりのかけ歩き

日本共産党福島県議会議員・大橋さおりのブログです

特別支援学校高等部の通学支援について要望を受けました

 特別支援学校通学を考える会のみなさんから要望書を受け取りました。

 現在、特別支援学校は中等部まではスクールバスが出ていますが、高等部以降は公共交通機関などを利用し自力通学となります。いわき市では、毎月7万円かけて平の支援学校まで通学している実態や、安達でも同様に大変な負担となっています。

 伊達地域から大笹生特別支援学校に通う際、電車とバスを乗り継ぐ必要がありますが、重度の障害を持つ生徒らは長時間の乗車や乗り換えなどが困難であり、実際には保護者が仕事を辞めて送迎するか、タクシーで月10万円以上かけて通学させるなど、経済的な負担が非常に大きくなっています。

 2022年度からは伊達地区の特別支援学校が開校となることから、それまでの一年間をどう通わせるか、と保護者の方々は悩んでいます。県には通学支援を求める署名は一か月で3629筆集まり、県教委と県議会各会派に要望書が提出されました。

f:id:oohashisaori:20201203165121j:plain

特別支援学校通学を考える会のみなさんから