大橋さおりのかけ歩き

日本共産党福島県議会議員・大橋さおりのブログです

要望をお聞きする会。災害対策、教員不足・多忙化解消、農林業の担い手確保など

 9日、12日と要望をお聞きする会でした。

 難病連や障がい者団体から、災害時の避難対応マニュアルの策定や福祉避難所の運営、避難所となる体育館などの施設整備などの要望が出されました。災害が続く中で、いつ災害が来るかわからない不安と、多くの災害を経験している福島県だからこそこうした対応をぜひ行ってほしいとの要望でした。

 教職員組合などからは、教員不足や多忙化を一刻も早く解消してほしいと痛切な要望が出されました。「定年延長後も仕事量は変わらないのに給与は7割。これでは働き続けられない」、「この10年間で事務量が増え、教員は忙殺されている。事務仕事方法など見直してほしい」との声です。

 農林業の担い手確保については、県も含め各団体で意識的に取り組まれていますが、やはり一人ひとりに寄り添ったきめ細かな支援体制が必要だとの意見が共通して出されました。JAからは、就農者の多様な相談にその場で対応できる体制が必要だとの指摘が。千葉県では「ワンフロア・ワンステップ」で就農者を支援する体制が作られており、福島県にもそうした場所が必要だと提案されました。

 学童クラブの支援員の方々からは、県が行う社会福祉施設への水光熱費補助を学童施設も対象にしてほしい、職員不足で過労死が起きている実態などが出されました。

第5回福島県植樹祭に参加。植樹と萌芽整理(芽かき)も。

 県植樹祭が矢吹町で開催され、林活議連で参加しました。

 爽やかに晴れた空のもと、他の参加者とともに植樹と萌芽整理活動にも取り組みました。

 開会セレモニーのあいさつで内堀知事は「福島県は県土面積の7割が森林。森を大切にすることは福島県を大切にすること」と話しました。

県政つくる会、県革新懇、県議団で、国葬に関する申し入れ

 県と県教育庁に対し、県革新懇、県政つくる会、県議団の三者国葬に伴う弔意共生をしないよう求める申し入れを行いました。

 現時点では、国からの通知は来ていないとの回答でした。

 参加者からは、「物価高騰やコロナの影響で生活が大変。国葬そのものを注視してほしい」など、県内でも「反対」や「中止」を求める声が広がっています。

 県革新懇では、9日(金)17時30分~福島市・まちなか広場で、国葬反対のスタンディングを行います。

8月の大雨被害、喜多方市が見舞金支給

 喜多方市は、8月の大雨で被害を受けた世帯や事業所に見舞金を支給する方針を固めたと、今朝の民友新聞での報道です。

①準半壊以上は5万円、床上浸水などは3万円を支給。

②住家への土砂流入など人力での撤去が困難な場合の除去費用には、2分の1(上限50万円)を補助。

③倒木などで住めなくなった住宅の撤去費用も2分の1(上限75万円)を補助。

 市が独自に支援を決めたことは重要です。

 県議団は、県に対して被災者支援策の実施を求めています。

8/31付民友新聞より

 

北海道・東北6県議員の研修会に参加。ヘラルボニーの取り組みや地球温暖化対策について

 3年ぶりに北海道・東北6県の議員研修会が岩手県で開催され、私も参加しました。

 全体会では、「岩手・東北から障害の概念を変える異彩たち」というテーマで、株式会社ヘラルボニーの松田社長・松田副社長の講演がありました。

 お二人は岩手県出身・双子で、お二人のお兄さんが知的障害をもっており、両親の影響もあり子どものころから福祉関係の活動をしてきました。お兄さんへの偏見や心無い言葉に違和感があり、「『障がい者』という人はひとりもいない」、「普通じゃないということは可能性だ」との思いで、アート作品を商品として販売するなどの事業に取り組んでいます。27歳の時に企業し、現在31歳、私と同い年です。

 ヘラルボニーは、草間彌生さんがそうであるように、障がい者への支援という観点からではなく、一つのアート(作品)から障がい者のことを知ってもらう、障がい者支援ではなくビジネスとして展開しながら、「市場拡張ではなく、思想の拡張を目指す」など、明確なビジョンを持っていると感じました。「今はアートだが、将来的には飲食店の経営など、障害がある人たちが自分に合った仕事を選んで、働いて、生活していけるようにしたい」と話されていて、非常に大事な取り組みだと感じました。

 社名である「ヘラルボニー」は、以前お兄さんがノートにたくさん書いていた「謎の言葉」とのこと。

 印象的だったのは、自販機デザインでコカ・コーラとコラボし、このデザイン自販機で購入すればその売り上げの一部が作家の収入になる仕組みとなっています。また、工事現場の仮囲いにアート作品を掲示し、掲示が終わった作品はバッグとして販売するなど、環境にも配慮しています。岩手県では、仮囲いでヘラルボニーのアートを掲示することを、入札時の加点条件(加点は1~2点)とする仕組みを作っています。

 ヘラルボニーの取り組みは、以前からツイッターで見ていたので、今回ご本人から直接お話を伺えてとても感動しました。貴重な経験でした。

 

 分科会は3つに分かれ、私は「地球温暖化対策」の分科会に参加。各道県から報告の後、意見交換の時間がありました。

 北海道では、部局横断型で温暖化対策に取り組めるよう「ゼロカーボン推進監」、「ゼロカーボン局」を作りました。去年の8月から始まっています。本県でも、再エネ推進と森林保全は部局が異なっており、一体型になればより一層具体的な取り組みが進むのではないかと思いました。

 青森県は、家庭部門での温室効果ガス排出量が全国3位(福島県は10位)ということから、省エネ住宅への改修促進に取り組んでいます。

 秋田県は、森林による二酸化炭素吸収も生かしながら温暖化対策に取り組んでいると報告がありました。

 岩手県でも、省エネ住宅などの推進に向け補助を行っています。県産木材を使用した際にも補助を実施。また、藻場の再生等ブルー・カーボンも含めて、グリーン社会の実現を目指した取り組みが紹介されました。

 山形県では、県の「カーボンニュートラルやまがた推進会議」の委員に、高校生を任命するなど、専門家や各界の代表だけでない幅広い意見を出し合い議論を重ね、「カーボンニュートラルやまがたアクションプラン」を取りまとめています。また、省エネ家電買い替えキャンペーンも行っています。

 宮城県は、事業者が大規模な太陽光発電を進めるなかで、住民に全く説明のないまま事業を進め、様々なトラブルが続出。そのため県として、主に太陽光発電を対象とした再エネ条例を策定し、住民への事前説明等を義務化しました。

 福島県からは、水素フィールドの紹介や、林業アカデミーの開校などが報告されましたが、他の道県と比べると、県民生活からかけ離れた印象で、県民と一緒に取り組むという側面が非常に乏しいと感じました。他道県は、各地の実態や実情に即した対策が行われていると感じました。

 各地での温暖化対策を知ることができたのは非常に有意義な機会となりました。

 今日の学びを福島県でも生かしていけるように頑張っていきたいと思います。

ヘラルボニーの松田氏の講演

コカ・コーラとコラボしたデザイン自販機。利益の一部が作家に還元されます。

開会時には、岩手県の達増知事から挨拶が。

 

霊山町で営農再開した方からの要望

 佐藤きよじ市議とともに、霊山町で営農再開した方から要望をお聞きしました。

 原発事故以降、仮置き場だった田んぼで今年は稲の生育が著しく、苗がたくさん倒れてしまっています。今後の対策や倒れた稲の処理について支援があれば、との声です。

問題なく生育した稲

今年から営農再開した田んぼ。上の写真と同日作付け、稲のほとんどが倒伏しています。

 

倒伏防止のため鉄パイプなどを立てていますが、やはり倒伏が目立ちます。



農民連が対県交渉。物価高騰対策や有機農業の推進などを要望

 農民連の県との交渉に、宮川県議とともに参加しました。

 農家のみなさんは、原発事故以降、度重なる災害や物価高騰など苦境の中でも努力されています。県土・国土を守り、私たちの食・命をつないでいる農家のみなさんへの本気の支援が今こそ必要です。