大橋さおりのかけ歩き

日本共産党福島県議会議員・大橋さおりのブログです

だて支援学校開校式 木の香りと柔らかな光に包まれてのびのびと過ごす子どもたち

 今日はだて支援学校の開校式。地域のみなさんの長年の強い要望が実り設置が決定し、無事に開校式を迎えました。

 開校式では、校章と校歌が披露され、児童生徒の代表3名が誓いの言葉を述べました。「学校が近くなってよかった」、「かがやき広場(中庭)で遊ぶのが楽しい」など、始業して1か月程度ですが、子どもたちがのびのびと過ごしている様子が感じられました。

 開校式の後は、校舎を案内してもらい見学することができました。昇降口は吹き抜けになっており窓も大きく、明るく開放的な印象でした。「これなら子どもたちも明るい気持ちで一日を始められるね」との声が出されました。

 「子どもたちの一番人気です」と紹介されたのは、かがやき広場という名称の中庭です。校庭はまだ工事中のため、今はここで体育の授業も行っているそうです。これから花や木を植えるとのことですが、人工芝の上で子どもたちが元気に遊んでいました。雨水の排出のため、中央に向かって地面が低くなっていました。

 学校給食は自校式のため厨房がありました。また、地域支援センターも校舎内に設置されており、子育てなどの教育相談に対応しています。(TEL:024-572-6676)

 2階は特別教室が並んでいます。調理室にある調理台は高さを変えることができます。また、コンロはすべてIHで、学校には太陽光パネルも設置されていました。

 党県議団でこれまで求めてきた水害対策は、コンクリート塀とフェンスで校舎を囲う方法が取られています。また、東根川の逆流を防ぐためのポンプも設置されます。 

 新しい校舎で、のびのび元気に過ごす子どもたちの姿が印象的でした。

「かがやき広場」

高さを調整できる調理台

地域支援センター内は遊び場もありました

校舎の外では水害対策のコンクリート塀の工事中。この上にフェンスを設置する予定



「おかしいと思うことにはおかしいと声を上げよう」 前川喜平さんの講演会

 保原町九条の会主催で行われた「前川喜平講演会」に参加しました。会場いっぱいの参加者でした。

 前川さんの話は、安倍元首相や岸田首相らが企む憲法改定の準備が着々と進められていることがよく分かる講演会でした。2015年の安保法制や集団的自衛権の行使容認、学校の道徳も評価対象にして子どもの心の中まで操ろうとするなど、戦前に戻そうとする動きが強まっていることをあらためて実感しました。

 前川さんは全国の学校でも講演を行っており、小中学校での講演の最後には「先生方や大人の言うことを鵜吞みにしてはいけない。自分で考えることが大事」と話しているそうです。おかしいと思ったことはおかしいと言っていいし、変えるために行動することの大切さを呼びかけることは、誰にとっても希望になると思いました。

佐藤きよじ・こんどう真一両市議の2議席を確保!みなさんの願い実現に引き続き力を尽くします

 24日投開票で行われた伊達市議会議員選挙では、佐藤きよじ・こんどう真一両市議ともに3期目の当選を勝ち取ることができました。

 日本共産党は、台風・地震など相次ぐ災害や長引くコロナの影響でますます大変になっている暮らしを支え、伊達橋や阿武隈急行などのインフラや住宅被害の早期復旧、学校給食の無料化、梁川バイオマス発電計画の中止、まちなかタクシーの無料化、ロシアに抗議し平和を守る声をあげていこうと最後の最後まで訴え抜き、6人はみ出しの大激戦を勝ち抜くことができました。

 学校給食費については、「隣町のすべてで補助しているなら伊達市でもやってほしい」など、無料化への期待が多く寄せられ、選挙戦の中で他候補も給食無料化を訴えるようになりました。

 公約実現のため、引き続き、佐藤きよじ市議・近藤真一市議とともに力を尽くしてまいります。

 7月には参議院選挙があります。岩渕友参院議員の再選目指し、がんばります。みなさんの引き続く日本共産党へのお力添えをよろしくお願いいたします。

地震で崩れたブロック塀回収運搬事業の実施を伊達市に要望

 梁川町の方から「地震で家の中もごちゃごちゃ。ブロック塀も崩れてしまったので、収集所まで運ばなければいけない」との話があり、自己負担なく運搬できるようにしてほしいとの要望を受けました。

 福島市では、国の制度を使って個人の負担なく回収・運搬する事業を行っています。伊達市でも同様に実施するよう求めました。

岩渕友参院議員が、3.16福島県沖地震の被害支援拡充を求め質問

 参議院の決算委員会で、岩渕議員が実際に聞いた被災者の声をもとに、被害を受けた方の実態を示し支援拡充を求めました。桑折町などの被災者の実態が国会に届き、家屋解体の公費負担は全壊のみではなく半壊以上も対象となるなど、政治を動かしています。岩渕議員は「震災以降、台風19号や去年の地震、長引くコロナの影響で苦しい状況が続いている。昨年並みの支援にとどまらず、さらなる支援の拡充を」と強く求めました。阿武隈急行や伊達橋・伊達崎橋などの早期復旧のため国としても力を尽くすべきと求め、国による権限代行復旧工事の方針も示されました。